「脱力に興味があるけど、武術は怖い」「武道をやりたいけど、ケガするのはちょっと…。」こんな不安の数々への回答。

老若男女を問わず、楽しく修練できます。

武颯塾で学ぶのは「どうやって力を抜くか」ということ。ですから年齢や性別に関係なく、誰もが始められます。力を抜く練習をするわけですから、体格や体力も、まったく関係が無いところが魅力の一つです。実際に武颯塾大阪支部では、20代から60代まで、幅広い年代の修練生が脱力修練をしています。

老若男女

老化予防

本当の「老化予防」にうってつけ。

皆さんは「老化」というものについて、考えたことがありますか?歳を取って身体の機能が衰えることが老化なのでしょうか?もちろんそれは結果としてそうなるものではありますが、老化の本質は実は、「冷える」「固まる」「渇く」ことにあります。身体を水として扱い、身体の中から動かす武颯塾の修練は、老化の本質への直接的な対抗策だと言えるのです。

スポーツや武道の経験は不要。

武颯塾で学ぶことになる「脱力」について、一般的なスポーツや武道ではほとんど教えてもらえません。一部の才能ある選手が力を抜くことが出来たとしても、それを教えるためのノウハウが無いのが実情です。ですから「脱力」を学ぶ上ではほぼ間違いなく、誰もが初心者であり、同じスタートだと言えるのです。

経験不問

脱力修練

脱力修練って、どんなことをするのか?

文字通り、力を抜く為の修練を行います。それも、ただ緩むというだけでなく、動きや力を発揮するための脱力を学びます。そのために、様々な力みたくなるシチュエーションを設定し、その中でいかに力を抜けるかを修練します。

慢性的な疲労に効果的。

力を抜いて筋肉の緊張が解けることで、心と身体が驚くほど軽くなります。これは修練生の多くが感じていることなのですが、仕事でへとへとに疲れて道場に来たはずなのに、修練後には元気になって帰ることが頻繁にあります。それは現代の「疲れ」の多くが「緊張」を原因としているから。緊張を取り去る武颯塾の脱力修練は、参加するだけで日頃の疲れをリセットできるのです。

疲労解消

安全第一

大きなケガをすることは無いのか?

多分、武道を始めるにあたって最も多くの人が心配すること。それがケガをして仕事や生活に差し支えることでしょう。武颯塾の修練は力を抜くことが主な目的なので、ケガの恐れがあるような突きや投げの修練は行いません。受け身の修練にしても、まずは座って転がるところから。出来ないことを強制されることも無いので、安心して参加できます。

争いごとが苦手な私にもできるのか?

修練生の中には、武道や格闘技の経験が無い方もいます。一生、人を叩くことはないと思える女性もいます。もちろん実際のところは分かりませんが。武颯塾で学ぶのは、「無争」に至るための自分づくり。争いごとが苦手な人にこそ、真剣に取り組む価値があります。

平和

メンバーについて

どんな人達が修練しているのか?

参加しているメンバーにどんな人がいるのかも、初めて参加する時には気になって当然ですよね。修練生の声を集めたページからも分かりますが、本当に様々な年齢・性別・職業の人が修練中です。人当たりの柔らかい方たちばかりですよ。

初心者向けのクラスはあるのか?

初心者向けのクラスを特別に設けてはいません。先にも書いた通り、脱力を学ぶ上ではみんな初心者。そして力を抜く感覚は、力を抜いた相手に触れて、はじめて「ああ、こんな感じなんだ。」と分かるものです。それはある程度修練を重ねた人にとっても同じ。もちろん組になる相手はちゃんと選びますよ。

初心者歓迎

服装、用具

必要なものや服装の指定はあるか?

修練に参加して当面は、動きやすい服装があればOKです。ただ、続けようと思ったなら、道着の購入をお勧めします。不思議なのですが、道着を着ると、途端に上手くなります。それはやっぱり、本人の本気度が表れるからでしょうか。とはいえ、まずは何でもいいので参加してみて欲しいですね。

無料での見学や体験はできるのか?

残念ながら見学や無料体験は受け付けておりません。初めての方にも修練費頂いて参加してもらっております。なぜなら脱力の修練は、身体の感覚に意識を向ける、とても地味なものです。見学では何も伝わらないのです。お金を払って本気で体験して、価値を分かって欲しい。それに見合うものを提供している自負はあります。

百見は一触に如かず

お金の話

費用はどれくらい掛かるのか?

費用についての詳細はコチラをご覧ください。入会金は不要で、月謝と単発での支払いの両方可能です。また師範による修練と通常の修練でも修練費が違います。ご都合に合わせて選んでいただければ結構です。

入会・退会に必要な手続きは?

特別な手続きはありません。意思表示のみで結構です。入会金や年会費はありませんので、もし辞めることになっても、トラブルになることもありません。

hello,goodbye

お問い合わせはこちらへ

musou-tensei@eurus.dti.ne.jp